大学時代からスキーが趣味で毎年何回もスキー場に行って滑っていたのですが、ある年に転倒して前歯が半分欠けました。

当時歯科クリニックに行くと前歯を削って差し歯を被せる事になったのですが、余りお金がなかったので本当は保険外のオールセラミックやジルコニアクラウンがよかったのですが、ケチって保険適用硬質レジンジャケット冠を付けました。

保険が適用される差し歯には金属を使用しているため、差し歯がいかにも偽物といったような不自然な外見になります。さらに金属が透けているのか歯茎が黒ずんで見えてしまうのもより偽物といった雰囲気を出してしまっていました。そして保険の差し歯は脆いと聞いてましたが、ビーフジャーキーを食べていたら前歯の差し歯が欠けてしまい見栄えが悪くなったので、この機会に外見も綺麗にできるオールセラミックなどの保険外の差し歯を関西の大阪で安い料金で治療してくれる審美歯科クリニックを探しました。

そしてとある審美歯科クリニックの評判や口コミがよかったので、早速ネット予約して無料カウンセリングを受けました。そこは駅前の好立地にあり、本当に安い治療ができるのか心配になりましたが、中に入ると受付のスタッフさんも笑顔が明るく患者さんも待合室に沢山いたので、なんとなく信頼できそうな気がして少し安心しました。

診察で欠けた前歯の差し歯を見てもらい、保険のレジンジャケット冠が壊れやすい事や、保険外の差し歯であるオールセラミックも改良が進み値段がかなり安くなり外見も自然で耐久性も上がっているので、保険の差し歯より長い目でみたらオールセラミックのような保険外の差し歯の方がお得である事を丁寧に説明してくれました。

オールセラミックの差し歯のサンプルを触らせてもらい納得したので治療してもらいました。治療してから数年経ちますが、じっくり見ないと差し歯であるのか解らず、見栄えの自然さに満足してます。

歯科というとあまり説明もなく会話ができないような雰囲気であることが今までは多かったですが、こちらの審美歯科ではヒアリングを徹底していてこちらの悩みをきっちりと時間をとって聞いてくれるところもよかったです。前歯を保険外の差し歯にするというのは、安いといってもこちらとしては大金を支払うことになるので慎重にことをすすめたいところ。不安に思っていることがあるとセラミックの差し歯を入れたい気持ちが鈍ってしまうところでした。

なので関西でも大阪で安い前歯の保険外差し歯治療をしてくれる審美歯科を探している方には以下の審美歯科がおすすめです。


[PR]
# by ja0rcdff0k | 2017-03-24 20:25 | 関西大阪で安い保険外の差し歯

保険外差し歯のやすいエリアとして関西・大阪があり、特に値段がやすいと評判なのがJDFです。

JDFは全国展開はしておらず、一部の大都市のみ展開しています。

保険外差し歯といえばオールセラミックですが、JDFでは1本47,000円で提供しているのです。

圧倒的に安いので利用者が多く、関西圏全域から利用者が訪れています。

関西・大阪で保険外差し歯にするなら、相場の半額を目指していきましょう。

オールセラミックの相場は10~15万円程度なので、5万円未満で治療を受けられれば十分にやすいと言えます。

JDFは技術力にも定評があり、保険治療に満足できずに治療を受ける方が大勢いるのです。

耐久性もよいので食事をするとき、よく噛んで食べることができます。

噛むことは顎の健康にもよいですし、消化吸収性も上げてくれます。

そして口元が整うことで顔立ちがキレイになり、気持ちも前向きになるのです。

保険外差し歯を希望する方は審美性を重視しているので、美しさは無視できない点です。

JDFならやすい値段で芸能人レベルの口元を手に入れることができます。

関西・大阪は全般的に審美歯科の治療費がやすいですが、料金格差は小さくありません。

JDFは基本技術料も一律25,000円なので、まとめて治療したい方におすすめです。


[PR]
# by ja0rcdff0k | 2016-10-28 09:52 | 関西大阪で安い保険外の差し歯

関西地方に引越してきて3年目に、歯の具合が悪くなりました。以前住んでいたところでいれた差し歯が寿命だったのか、外れてしまったのです。慌てて近所の歯科にお願いして、仮止めをしてもらいいました。前歯だったので、そのまま放置するわけにもいかなくて、病院を探す暇もなく慌てて駆け込んだ感じでした。

でもその歯科では、「この差し歯はもう寿命だから、新しい歯にしたほうがいい」と言われたのです。しかもその費用は20万円にもなると言われました。その値段が特別高いわけではないのは、私にも分かりました。以前住んでいたところでも、それくらいの費用を支払って治療を行った気がします。また大金が必要なんだとショックを受けて、友人にその話をしたところ、大阪の歯科に行けばもっと安い費用で差し歯を入れてもらえると教えてくれました。

保険外治療だから、価格競争でかなり安くなるそうです。大阪まで行くのは少し面倒に感じましたが、少しでも治療費を安く抑えることができるのならと思い、友人のすすめる歯科に行ってみることにしました。大阪の歯科では、なんと5万円ほどで治療してもらえました。こんなに安い金額で治療ができて本当に嬉しかったです。

[PR]
# by ja0rcdff0k | 2016-02-28 08:01 | 関西大阪で安い保険外の差し歯

歯の治療はできるだけ初期に行っておくと、削る部位が少なく済み、多くの歯を残すことができますが、治療が遅れてしまった場合はかなりの部分を削らなくてはいけなくなります。
そして場合によってはかぶせ物が必要となることもあります。こうした場合も奥歯などの目立たない部位であれば、保険的用の安いものでも良いですが、前歯となるとかなり目立つこととなりますので、さすがに銀場で差し歯を作るというわけにはいかなくなります。

前歯はできるだけ本物の歯に近いものにしたいですが、保険適用のものでは、治療費は安く抑えることができますが、金属も使いますので歯茎が黒ずんでくるなどのデメリットもあります。
そして長年使っていくものですので、思い切って保険外のより高品質なものを選んでおくことがおすすめです。

保険外の治療というと高くなるイメージもありますが、関西でも、大阪は特に多くの歯科医院が集まっており、価格競争も行われていますので、じっくり探せば高品質な差し歯をより安く購入できる可能性があります。

治療費についてはそれぞれのクリニックの公式サイトなどで紹介されていることも多いのでまずはよく比較し、相場を知っておきましょう。価格だけではなく、どのようなタイプの差し歯かもよく確認しておきたいところです。

[PR]
# by ja0rcdff0k | 2016-02-28 08:00 | 関西大阪で安い保険外の差し歯

安い前歯の差し歯を選ぶ

関西大阪エリアで保険外の安い差し歯で前歯を治療して、人とのコミュニケーションも楽しくなりました。
日本には保険適用で、安い歯科治療を受けることが出来る良い部分があります。しかし歯科治療の保険適用は、あくまでも歯の病気を治すためという条件付きです。たしかに歯の健康を維持するには、そうした条件のもと歯科治療をして、最低限のレベルで歯の健康だけを保つのは納得かもしれません。

ですが大人になるにつれて、特に前歯は健康とともに、見た目の審美性を重視することも必要とわかったのです。審美治療は、歯の見た目をキレイにするのが、なんといっても最重要とされる部分です。でも保険内で可能な審美歯科には限界があります。本当に前歯を美しくするならば、自費診療でできるオールセラミックの歯を選択して、審美歯科の治療を受ける必要があります。

普通に審美歯科へ行けば、1本でも15万円から20万円はかかりますし、自由設定なので、高額にはは止めがききません。でも関西大阪エリアで出会った歯医者では、とても良心的な費用で保険外の安い差し歯をつくることができました。意味不明な治療費はカットされていて、キレイな歯を入れるために必要な治療費だけを設定しているために、安く良い歯を入れることができたのです。



[PR]
# by ja0rcdff0k | 2016-02-27 07:59 | 関西大阪で安い保険外の差し歯